トップへ

3.5 09春闘─全国郵政労働者共同行動     (03.05)
郵政グループ本社前行動 200名の大結集で大成功!

3月5日、09春闘勝利「なくせ貧困と格差」、非正規労働者の均等待遇を求める本社前集会が開催された。
  この集会は、09春闘の重要な課題の一つである郵政21万人の非正規労働者の処遇改善を求めて、郵産労、郵倉労、郵政ユニオンの3労働組合が主催して開催された。

非正規の処遇改善を!

集会は最初に郵産労山崎委員長の開会の挨拶から始まった。

そしてこの集会のメインである各地から集まった多くの非正規労働者を代表して5名の仲間からの決意表明が行われた。
  訴えの中身はどれも切実な問題で参加者の共感を得て大きな拍手で確認された。
  中身の一部を紹介すると、「署名を取り組んだが非常に共感を呼んだ。」「不況を背景に賃金ダウンが行われている実態。」「正当なスキル評価基準を遵守せずに管理者の身勝手なデタラメなスキル評価によって賃金が下げられている。」「低賃金で働きまともな生活はとうていできない。」「月給制契約社員、正社員への登用基準も不透明で恣意的要素が多いこと。」「仕事は同じで給料は三分の一、しかし責任は正社員と同じ」「横行する雇い止めの報告」など参加者の胸を打つものだった。
  さらに参加者一同は、郵政ユニオンの天野中執のコールで切実な思いと怒りのシュプレヒコールを郵政本社にたたきつけた。

署名続いて時給アップ250円、非正規労働者の均等待遇の実現、雇用の確保、共同の闘いを広げること呼びかけた集会アピールが全体の拍手で採択された。

そしてこの日の集会にむけて取り組まれた「均等待遇と正社員化を求める要請署名」を午後から本社西川社長に渡すことが確認された。(集まった署名は16065筆。集会後13時から5名の代表により郵政本社に手渡された。)

集会は最後に、郵政ユニオン内田委員長の閉会の挨拶と団結ガンバロウで締めくくられた。

この日の行動は、14時から国会議員との郵政問題意見交換会を参議院会館で開催しさらに多くの非正規労働者の仲間からの職場報告と訴えを聞き交流をさらに深めた。

日本最大の民間会社が日本最大の非正規労働者をを雇用し、非正規労働者がいなければ日々の作業は回っていかないのが実態である。その処遇を巡り差別と使い捨てを許さず09春闘で均等待遇実現を求めて職場から、地域からたたかおう。

(報告:郵政ユニオン東京地本 福田秋彦)