トップへ
Headline 2011

仕事ミスはすべて期間雇用社員の責任ですか    (01.04)
ゆうちょ銀行に勤める方からの報告メールから

ゆうちょ銀行に勤める期間雇用社員です。
  私の職場は社員が少なく、しかも仕事をしないので、ほとんどの業務を期間雇用社員がこなしています。
  社員は仕事を覚えないまま毎年入れ替わる始末です。当然業務に関して詳しいのは私たちなのですが、社員は期間雇用社員になどに教わりたくない という態度で取り付く島もありません。

ある管理者は、文書関係でミスがあったとき、明らかに他の上司のミスだったのにもかかわらず、確認しなかった期間雇用社員が悪いとまくし立てました。
  超勤の計算間違いをしたときも、すぐに上司に報告をしたのですが、現場管理者には報告をしていなかったようで、一か月後に事実が判明した時、現場管理者に怒られたのは期間雇用社員でした。
  「私は間違えたことよりも、報告をしないことを怒っているんだ」
  と、その現場管理者は言いましたが、上司には報告していますと言ったとたん、態度が軟化。そうか・・・と。しかしまた、結局は確認しなかった期間雇用社員が悪いと言われました。
  報告の義務を果たしているのにも関わらず、毎回怒られるのは期間雇用社員です。

社員と期間雇用社員がペアで仕事をした時に発送漏れがあった時も同じでした。
  同じ仕事をしたにもかかわらず、社員には笑って「気をつけてね」と軽い注意で、注意を受けた社員も笑って流す程度でしたが、期間雇用社員には「最後までやり遂げないと仕事をしたことにはならない!」と激怒。

この違いはなんなのでしょう?
  そんなに期間雇用社員が嫌いなら、雇わなければよいのにとさえ思います。
  それでもお気に入りの期間雇用社員には優しく接し、時給もとんとん拍子で上がっていきます。
  ここの会社では、仕事ができる出来ないよりも、上司にうまく取り入ることが時給アップのための重要な評価になるようです。

年末29日30日の業務は社員には4千円~の手当がつきますが、期間雇用社員には何もありませんでした。
  同じ仕事、人によっては社員よりも仕事をしているのにもかかわらず、賃金での差別もあからさまで士気もさがりっぱなしです。

どこの職場でも同じのようで、何かミスがあるとすべて期間雇用社員のせいにさせられます。責任転嫁は日常茶飯事です。
  現場管理者たちは社員のミスを上に報告せずにもみ消すか、期間雇用社員のせいにして報告しているのが実情です。

ある日、全職員への通達文書を見て呆れました。
  給料をもらっているのだから、きちんと仕事をしなさいだの、事故を起こすのは期間雇用社員がほとんどなので、十分に気をつけるようにだの。
  社員が事故を起こすことはないのだそうです。確かに仕事をしなければ事故も起きないのですが。

期間雇用社員がした仕事を確認、審査するのが社員の務めの一つだと思うのですが、ここの職場は作業も確認も審査もすべて期間雇用社員で行っています。
cut  最終的な確認印は役職者が押していますが、事故があったときはすべて期間雇用社員の責任です。
  印を押すのは何の意味があるのかと首をかしげたくなります。
  責任者(役職者)とは何のためにいるのだろうと。
  それで給料は私たちの2倍~3倍以上もらっている社員。
  だらだらと仕事をしてしゃべってばかりの社員。
  難しいこと、面倒くさいことは全部期間雇用社員に押しつける社員。

公務員ってこんなもんなんだ・・・、だからお役所仕事は遅いんだ・・・、と納得できる仕事ぶりです。
  ここの社員は民間企業に転職したら、まったく使い物にならないだろうと思われるので逆に気の毒になってくることもあります。

退職していく期間雇用社員も毎月たくさんいて、退職理由には○○社員に罵倒されたとか○○課長のセクハラパワハラが原因でとか書かれているものも多いようです。
  納得できます。

こんな会社、はやく見切りをつけようと思っています。

(怒りのメイトバンカー)