トップへ
Headline 2011

昼飯食ってるようなやつは転職しろ!   (11.05)
JP労組もアテにならず労基法違反がまかり通る職場

メールで職場報告を頂いた。ちょっと信じられないような報告だったが、きちんと実名で報告を頂いたので、なるべくそのままご紹介します。もちろん本名は伏せてペンネームでご紹介します。

私は、茨城県日立市にあります日本郵便課日立支店に勤務する期間雇用社員です。

現在は通配を担当しています。しかし、この支店では一般常識が非常識といわれている変な支店です。同支店内で起きたことを報告します。

昼休みをとる人が誰もいない職場

私が4階の食堂で休憩していたら、総務主任が鬼のような形相で近づいてきて「昼飯食ってるヒマあんの?」と言われました。私が「昼休みですが」と反論したら、その総務主任は「使えない!」と私に暴言を吐き、食堂から出ていきました。
  私は、休憩を終え職場に戻ると主任から「昼休みはこの会社じゃとらないで、配達を早く終わらせ定時で帰ることが当たり前。権利云々いうなら転職をして」と意味不明な忠告。
  昼休みがないんですかね、この会社には!?
  そういえば、昼休み時間になっても誰も食堂にはきませんしね。
  来るのは、業務企画室の人くらい。集配ではみんなルールを無視して命を懸けて配達しているのでしょう。
  でもこれは労基法違反だと思います。

JP労組日立支部の加入希望者は、役員が選別している

いまJP労組日立支部は、役員が必死になって組合加入の勧誘しているようですが、誰でも入れるわけじゃないんですね。
  「加入拒否」リストなるものが存在して、次のような人間は加入を拒否されみたいです。
 ・支店長・管理職・組合役員等から嫌われている者。
 ・会社の施策に対して反発する者。
 ・職場で虐められている弱い立場の者。

つまり、組合役員からすれば、「組合が真面目にやらないからこういうことになるんだ」という非難を避けるために、事前に選別しているということです。
  支店内には組合支部専用の部屋があります。組合の情報は多数聞かれます。すべて悪いもので、評判悪すぎです。
  組合加入希望者を選別って・・・。

(ペンネーム「夜行高速バス餃子号」さん)