トップへ
Headline13

旧集配センターは相変わらず目の回るような・・・    (02.21)
圧倒的な人手不足で業務は完全にパンク状態

旧集配センターで働いています。
  センターとしては中規模以上で、取扱い量もそれなりに多いところです。
  社員と期間雇用で合計20人。
  しかし人数が少な過ぎて欠区が常態化しています。
  管理者は「人を募集している」と言いますが、日本郵便のアルバイト求人には掲載されていません。募集している場合は掲載されるのですが。

一番理解できないのは、正規社員数の不均等です。
  例えば同じ旧支店内の旧集配センターと比較するとわかりますが、同規模でほぼ同取扱い量の○○局は正社員は8人。私の所は4人。△△より小規模且つ取扱い量が少ない●●局と□□局の両局はそれぞれ8人と4人です。

旧集配センターは内務社員がいません。そのため外務社員がやっています。
  特殊、通配、再配達処理、集荷、混合、電話受付、苦情処理、便の授受、差立など一度にあれこれやらなくてはいけませんから大変です。
  また期間雇用社員さんに対しての指示指導もあります。
  早番、遅番の交代制ですので 体調管理が難しく辛いです。 私はついに体を壊しました。自律神経失調症と診断され休養中です。

早期に人員を増員させなければ破綻は近いと思います。私も破綻する・・・。
  社員は仕事以外では一切口をきかない。期間雇用社員さんから社員に逆パワハラされるような環境です・・・。

(茨城県 ハムカツ王子)