Headline10
 伝送便今月号 | Back No. | Head Lines | Links | Archives | Catalog |
               電送便(BBS) | About us | Daveorogy

Head Line(1月~3月)  Head Line(4月~6月)  Head Line(7月~9月)  Head Line(10月~12月)

pin 合格率40%は社会に対する挑戦か   (09.22) 
【速報】正社員登用第一次受験者数と合格者数
グループ合計 受験者 33,279人  合格者 13,464人 合格率40.46%

pin 【速報】正社員合格者数、1万人前後か!?   (09.15)
 第1報が入ってきた。都内のある支店。二桁の受験者の内、合格率約40%。6割は不合格。とすると・・・。

pin 9月23日、第2回首都圏郵政非正規労働センター(ゆい)交流・学習会へ    (09.10)
  NPO法人ゆうせい非正規労働センター(ゆい)主催による首都圏交流・学習会、第2回目は神奈川で開催。リンク先は集会呼びかけビラ(PDF)です。

pin市中引き回し 市中引き回しの上・・・封建制度そのまま     (09.02)
 いわゆる「お立ち台」。交通事故、誤配、端末記録漏れ・・・とにかくなんでもかんでもミスをしたら全職員に向かって反省の弁を強要される。市中引き回しの上獄門さらし首と現場では呼んでいる。前近代的というか封建的というか、会社の体質は恐ろしい。すべてを個人責任にするという体質を改めない限り、また事業の混乱は繰り返されるだろうと警告したばかりなのに。

pin ゆうメイトの不当雇い止めは許さない    (09.02)
  【岡山元ゆうメイト萩原くん不当雇い止め撤回裁判】
 あまりにも不当な一審門前払い判決。そんな判決に屈することはできません。非正規社員は道具ではない。会社にも司法にも改めてこのことをきちんと認めさせるまで、闘いは続きます。

piniPad ついにiPad、iPhoneも登場    (09.01)
 えー!いいなぁ・・・。って人減らし合理化の為なんだろうけど(^_^;)。とりあえず最初は東京のある支店一箇所だけだって。それもごく短期間の試行だって。でも触ってみたい(^_^;)。郵政は昔からこの手の新しもの好きだよね。Android端末の方が安いんじゃないかとも思うけど(^_^;)。

pin 突然の(社員業績)ランキング発表     (09.01)
 かもめ~る営業100枚は「足軽級」なんだって。400枚売って「家老級」なんだと(^_^;)。さらに訳の分からない『社員業績ランキング』なるものが張り出されたと。この手の精神構造が根本から改まらない限り何度でも事業の混乱は繰り返すよね。年賀営業が本当にうっとうしい。

pinJP労組新聞 小包混乱で会社擁護のJP労組    (09.01)
 8月16日付けのJP労組新聞には、今小包事業統合の混乱に対する会社への改善要求が掲載されている。今回の混乱により損害額を明らかにし、それを現場に転嫁するなと。りゃぁあたりまえだよね(^_^;)。そして全社一丸となって営業に邁進しようと。その営業施策が現場の一番の悩みの種なんだけど(^_^;)。

pin 正社員採用への道筋は始まったばかり    (08.09)
 この土日、正社員化採用第一次試験が全国で行われた。応募者約3万4,000人。易しかった難しかったと悲喜こもごもの報告が寄せられているが、本来なら希望者全員をきちんと採用すべき。パート労働法の趣旨に沿ってもそれが会社の義務であるべきだ。

pin 本務化受験での健闘を    (08.04)
  いよいよ正社員採用試験日が迫ってきた。この間7回もの受験ゼミを開いたという郵政ユニオン九州地本が改めて非正規社員にエールを送っている。過去の全逓労働組合の本務者化闘争の激しさも振り返って。

pin たったこれだけ?大甘の経営責任    (08.02)
日本郵便の7月30日付けプレスリリース。原口総務大臣に怒られたから出したという報告書。反省してまーすというものだけど・・・。ただ、今回の事業計画を承認した原口大臣にも責任はあると思うけどね。

pin 「神戸1円裁判」不当判決に怒り!「控訴審」へ    (08.02)
  去年の4月にも報告しましたが、わずか1円の過剰金による停職2日の処分。処分量刑不当として訴えていた神戸地裁の判断は、門前払い。マスコミも嫌いだけどこの国の司法も大ッ嫌い(^_^;)。

pin ゆうパック大混乱と朝日『社説』    (08.02)
  マスコミ報道のひどさは別に今に始まったものではない。私のような年寄りは国鉄民営化時のマスコミによる国労組合員に対する袋叩き報道が身に染みているので、以来基本的にマスコミ嫌い(^_^;)。で、今回もまたその迷走報道ぶりに笑ってしまいます。

pin 成果主義管理の裂け目を衝け   (08.02)
  宅配便統合による今回の混乱は、成果主義管理によって現場に蔓延する無責任体質がその原因の根本にあるのではないかと私は思うのです。さんざん言ってきたことですが、会社の体質の根本的転換が求められていると。

pin 業務はほぼ正常化した?どこの現場の話ですか!    (07.08)
 これを書いている今この時間、小包を満載した赤いバイクが街中を走り回っている。今日も残業4時間5時間。職制はまだ泊まり込み体制をといていない。確かにターミナルの滞留は緩和されたのだろう。しかし配達の現場は・・・。

pin ゆうメイトで月1万円の賃金切り下げは許せない    (07.08)
  メールでご報告がありました。友人の期間雇用社員さんの不当な賃下げは許せないという報告です。抗議の意味もあって、二人で職場を辞したとのこと。期間雇用社員さんを物のように扱う会社の体質はあいもかわりません。

pin 統合失敗の責任追及を始めよう!    (07.07)
 伝送便宛メールで投稿を頂きました。千葉からの報告です。業務混乱の責任は現場にはない。この間の具体的な経過を精査した上で責任の所在を明らかにせよと。

pin 「現場の不慣れ」はマスコミの誤報?    (07.06) 
 6日になって現場に日本郵便鍋倉社長名で「いい訳」文書が出回り始めました。それによると新聞報道にある現場に責任があるという表現は誤報であると。ならばこれ(4日付プレス発表)をすぐに撤回せんかい!

pin 業務混乱、郵政ユニオンが緊急申し入れ    (07.06)
 宅配便事業統合に伴う業務混乱について郵政ユニオンは会社に緊急の申し入れを行った。混乱の責任を現場に押しつけるプレス発表の取り消しを求め、今回の事態の責任の所在を厳しく問いただしている。リンク先はユニオンのホームページ。

pin  《小包統合続報》 ドライアイスむきだしの冷凍ゆうパック   (07.06)
 みんなヘトヘトです。にもかかわらず相変わらず現場責任・個人責任への押しつけが横行します。経営陣まで現場の責任とプレス報道。現場は報われません。

pin 《小包統合続報》 指定時間みんなすぎてますから!    (07.05)
 悲鳴のような報告が続きます。集配センターからの悲鳴です。現場の社員は一体どういう気持ちで仕事をしているか、・・・社長!

pin 《小包統合続報》 今世紀最大の苦情件数ではないか?   (07.05)
 広島東支店から報告が入りました。職制もてんやわんや、今日に至るも苦情殺到、社員は深夜まで仕事。こんな職場に働いていること自体恥ずかしいと。

pin 《小包統合続報》 現場のてんやわんやあれやこれや   (07.05)
 現場の状況報告がまた少し入りました。ほんの一部だけですが、全国的に似たような状況でしょう。ターミナルがパンクしているところは現場は平穏(嵐の前の静けさ)。今日あたりはどこも支店段階でパンク。小包以外の郵便にも当然遅配の影響。郵便事業そのものの危機ですよ、これは。斉藤社長、現場はどうなってるか一度見に行きましょう。悠長に構えている場合ではありませんよ。

7月4日付朝日朝刊
pin 破綻するべくして破綻した小包統合    (07.04)
 7月4日付け朝日新聞、1面トップに踊る「統合ゆうパック遅配」の記事。すでに報告してきた通り、現場の職員には、こうなるであろうことは誰もが予想していたことだ。相も変わらぬ官僚主義的上意下達の労務管理方式が招いた破綻だ。全てを現場責任・個人責任にしてきた経営陣の無責任体質が招いた結果だ。

pin  休日返上のただ働き    (07.02)
 昨日の報告第2弾です。地域によっては忙しさに濃淡があるようです。今回報告されたところはそれほどの忙しさではなかったと。それでも自主的に休日出勤し、しかもただ働きしていたと。また事前研修のいい加減さも報告されています。

pin新生ゆうパック記念式典 なにが「ゆうパック維新」だ!威信低下ではないか!    (07.02)
 7月1日ペリカン便を吸収しての小包統合。本社では先のバンクーバー冬季五輪フィギュアスケート銅メダリストの高橋大輔さんらを招き賑々しく記念式典を開く。新生「ゆうパック」維新だという。・・・で、現場は?東京のある支店から早速一つ報告が届いた。残業5時間?36協定も何もあったものじゃない。

pin ドライブレコーダーの脅威 ・ 営業は心の持ちよう? ・ どうなる?ゆうパック統合   (07.01)
  職場報告あれやこれや。本当に現場はいろいろあるのです。で、今日は7月1日。小包配達は予想されたとおり全国で大混乱です。こうなることは分かっているのに何で会社はきちんとした対策を取らなかったのでしょう。昔からです。遙か昔からです。現場の声を一切聞こうとしない恐竜のような官僚体質だからです。

pin 郵便営業が事業をつぶす    (07.01)
 今年の“かもめーる”ノルマは本当にうっとうしかった。特に期間社員の正社員化問題が持ち上がって以降というもの、正社員になりたいなら(営業ノルマの)結果を出せと脅しをかける管理者が後を絶たなかった。職場も社員の心も壊す郵便営業。

pin会社は公正・公平な登用を行え 会社は公正・公平な登用を行え      (07.01)
 非正規社員の正社員化問題。会社は頑なに予定採用人数を明らかにしない。優秀な社員を登用するというだけ。適性試験や面接によって採用するというが、それ以前に選別を行えとの指示文書まで出回っている。現場は疑心暗鬼に満ちている。会社は公平・公正な登用を行う義務があるはずだ。社会的な糾弾を受けないようきちんとした登用基準を示せ。私たちは全国で監視していいるぞ。 

 


これまでのHead Line
トップページへ

『伝送便』編集委員会

〒101-0021
東京都千代田区外神田6-15-14
外神田ストーク502号室 郵政共同センター
TEL:03-3837-5391 Fax:03-3837-5392
(Web Master 多田野 Dave mailto:tadanodave@densobin.office.ne.jp

Copyright (c) 2010 Tadano Dave. All Rights Reserved.