トップへ
Headline10
 伝送便今月号 | Back No. | Head Lines | Links | Archives | Catalog |
               電送便(BBS) | About us | Daveorogy

Head Line(1月~3月)  Head Line(4月~6月)  Head Line(7月~9月)  Head Line(10月~12月)

pin 社員の大半が昼休みを取らない職場、上野支店     (12.15)
 また現場報告が届いた。支店名を出してくれ、と。社員の大半が昼の休憩を取らない、というより取れないのだという。午前中のミーティングが長すぎるからだ、と。続々と届く具体的な支店名を出してという要望。次はどこの支店ですか(^^;)。

pin 日本郵便多賀支店はハローワークもマークする?     (12.15)
 ハローワークの職員から「あそこは止めた方がいいよ」といわれる支店があるという。その支店に働いたことがあるという方から是非実態を暴露して欲しいとのメールを頂きました。パワハラ横行、「ヤクザの巣窟」だ、と。

pin 超勤時間の改ざんはコンプライアンス違反     (12.10)
 会社の勤務時間管理のルーズさは相も変わらない。これまで幾度となく監督署から指導されながらも根本的な改善策は全く手つかずではないか。そしてまた姑息な対応が報告された。今日の超勤分は別の日に回してね、と。

pin 会社側の数々の横暴に対して慰謝料請求の裁判     (12.10)
 ひげ裁判の勝利に続け(^_^;)。神戸からまた争議の報告が入りました。これまでの会社の高飛車な態度、人権を無視した行動等に対して、もうガマンならんと。ダマっとらんぞと。郵政ユニオン垂水分会からの報告です。

pinひげ裁判勝利 ひげ裁判完全勝利御礼     (12.08)
 これまでも紹介してきました、「ひげ裁判」。10月27日の控訴審勝利判決に会社はとうとう上告を断念。完全勝利が確定しました。今回当該の芝英機さんご本人から支援組合に対するお礼という形で報告が入りましたのでみなさんにもご紹介します。この勝利、全国の職場でもご紹介くださいね。

pin 正当な抗議に対し暴言処分-処分撤回裁判始まる     (12.06)
 京都左京支店。組合事務室に管理者が入ってくる。無断で。当然、なんだということになる。それを暴言として処分。その他にも些細なミスを合わせ技として処分を出すという姑息なやり方。これはパワハラであるとしてユニオン近畿地本は処分撤回を裁判に訴えた。左京支店前の抗議行動のビデオも紹介してありますよ(^_^;)。

pin 年賀販売自爆が新聞に     (12.06)
 地方版(神奈川)ですが、朝日に年賀自爆の実態記事が掲載されました。そこでは自爆の実態があることを会社自ら認めているという記事になっています。さすがに今年の年賀営業のひどさをマスコミも少しづつ注目し始めています。と、金曜日のある写真週刊誌にも暴露記事が掲載されていましたっけ。

pin 自爆強要はコンプラ違反ではないのか     (12.06)
 今年の年賀営業に対する苦情の多さは本当に異常です。是非私の支店の状況も報告させてくれてというメールを頂きました。

pin 「ただ配達するだけですか?」     (11.30)
 ただ配達するだけでなにが悪い!とは言い返せなかったようで。ヘトヘトに疲れて鬼のような顔をぶら下げて、年賀いかがすかぁ、といっても・・・。というメールを頂きました。確かに今年の年賀営業強要はちょっと異常だ。本社が例年にもましてハッパをかけているのだ。「社員のせいで」破綻した7月の小包統合時の大赤字を取り戻せと。結局どこまでいっても現場社員にツケ回しをするつもりなのね。

pin みんなの前で怒鳴り散らす総務主任      (11.24)
 たしかにただでさえ余裕のない季節に突入しみんなも気が立っている。だからといって職場で怒鳴り散らすというのは控えなければならない。当たり前の話。管理者が怒鳴るのはパワーハラスメントだが、職員どおしであってもそれが正社員と非正規、総務主任と平社員の間には権力関係が存在する。その間であってもパワハラはパワハラなのだ。
 <続報> で、投稿者から再度ご連絡がありました。勇気を出して話し合いの場を持ってもらったと。同じ仕事をする仲間どおしです。こういう報告はうれしいなぁ(^^ゞ。  (11.26)

pin あったまきた、合格させろ!ごらあ!    (11.11)
 誰だ、2chからの転載じゃないだろうなって。でも当該にしてみればこんな罵倒の一つや二つや三つや四つ、いくらでもしたくなろうというものだ。新たな闘いを決意した期間雇用社員さんからの、怒りの一発!

pin 正社員「登用」ではなく、期間雇用制度そのものの撤廃を    (11.10)
 本当は昨日の内に上げようと思っていたのだけど、怒りに手が震えて・・・なーんてね(^_^;)。とにかく、なんのために私たちは非正規社員の正社員化問題にこだわり続けるのか、何度でも何度でも繰り返し訴えるのだ。

ゆるさん!
正社員登用審査最終結果
 
応募者数
一次
受験者数
一次
合格者数
二次
合格者数
一次審査
合格率
二次審査
合格率
最終
合格率
事業会社
28,617
27,811
11,141
6,503
40.1%
58.4%
23.4%
局会社
4,446
4,402
1,923
1,715
43.7%
89.2%
39.0%
ゆうちょ
736
733
256
131
34.9%
51.2%
17.9%
かんぽ生命
279
277
120
69
43.3%
57.5%
24.9%
日本郵政
56
56
24
20
42.9%
83.3%
35.7%
合 計
34,134
33,279
13,464
8,438
40.5%
62.7%
25.4%

 

pin 兵庫、松田さん「一円裁判」は大きな山場    (11.04)
 これも下の事案に続き兵庫の事案です。現金管理機導入直後、たった1円の過剰金に対して懲戒処分が出されたというもの。この間の裁判の中でその陰湿な会社の体質が浮き彫りにされてきました。一審不当判決に抗して、控訴審が闘われています。

pin 「ひげ裁判」控訴審も勝利!    (11.04)
 うれしい報告が届きました。Web伝送便上でもたびたびご紹介してきました「ひげ裁判」。1審に続き控訴審でも勝利判決!当たり前といえば当たり前ですが、会社のおごり高ぶった態度にまた一つ痛打を浴びせることができました。

pin 社民党、希望者全員の正社員化を斎藤社長に申し入れ    (11.02)
 10月27日、社民党又市征治副党首は日本郵政斎藤社長室を訪れ郵政非正規社員の希望者全員を正社員にするようにと申し入れました。10月31日付け又市議員の「国政だより」をそのまま紹介します(^_^;)。元亀井大臣の言葉通り、10万人の正社員化を粛々と進めるようにと。

pin 「良心的営業拒否者の会」へ     (11.01)
 という会の結成が呼びかけられて、事務局は勝手に伝送便編集委になってたりします・・・。ま、いいか(^_^;)。このページの一番下のポストのパクパクをクリックすれば、あなたも会員に(^_^;)。「良心的営業拒否者の会」会員希望と記してね(^_^)b。

pin 正社員「登用」―受験者のフォローアップ研修を表明     (10.29)
 二次審査合否の最終結果通知は今日にもと思われたが、週明けになりそうだ。その前に、10月22日付、鍋倉日本郵便社長名による文書、すでに手渡されたり会社掲示板に張り出されているところも多いと思う。それにははっきりと「フォローアップの研修の機会を検討しており」と書かれている。

pin 旧エクスパックの取り扱いについて     (10.29)
 下にレターパックの話題が出たからという訳でもないのだけど、旧エクスパックの取り扱いについて問題提起されました。まだエクスパックは投函されています。買い溜めしていた業者も少なくありませんから、・・・私も(^^ゞ。で、取り扱いは以前と変わったらまずいでしょ、という指摘です。リンク先はご指摘を頂いた方のサイトへの直リンクです。

pin レターパックの取り扱い規定にローカルルール?    (10.29)
 現場でその場繕いのために勝手にいろいろ融通を利かすということは、昔からよくやっていたもの。今回の報告のように文書で残る形で平気でルールをねじ曲げるというのは確かにあまりなかったこと。コンプラ天ぷらと普段お経を唱えさせながらも、自分たちやっていることはいい加減なものだ。

pin 雇用保険に社会保険、天引きされても加入手続きなし     (10.22)
 信じられないような報告だった。いろんな期間雇用社員さんから様々なメールを頂くが、今回のご報告は本当に頭を抱えてしまった。この会社はこれほどまでに劣化していたのかと。事業を続けていく資格があるのかと。この実態を広く社会に訴えたい。

pin 職員が年間100万円の自爆営業でも会社の営業利益の1%しかないぞ?  (10.20)
 長いタイトルだなぁ(^_^;)。こうなったら年賀営業特集だ。その第3弾。タイトルのようにどんなにがんばって営業してもたかだが1%の貢献だと。今回はユニオン九州地本の機関紙から紹介。

pin 年賀営業「販売責任枚数」は業務命令だ     (10.19)
 「営業の目標は業務命令です」朝礼のたびにそう叫んでする支店長がいるという。日本郵便代表取締役会長鍋倉眞一殿に問い質したい。販売目標はいつから業務命令になったのでしょう。ではもしこの目標を達成できない場合は業務命令違反としてどのようなペナルティが科せられるのでしょうか。この支店長は「他の所へどうぞ行って下さい」と言っているそうですが、それは解雇を意味するのでしょうか。頂いたメールから紹介します。

pin エスカレートする年賀営業     (10.19)
 本当にうっとうしい年賀営業。仁義なき年賀営業。鬱病大量生産施策年賀営業。ユニオン呉支部はそんな営業施策に真っ向から疑義をさしはさみます。その他職場・現場報告も。ここの機関紙は本当にいつも面白くて、ついつい全文紹介(^_^;)。

pin 営業をしたら監禁されて怒鳴られた    (10.18)
 俺のシマを荒らすんじゃねぇ、と(^_^;)。時々こういうトラブルは職員間ではあるものですが、管理者から言われたと。それも別室に連れて行かれて。恐かったと思いますよ。やくざより恐い郵政の現場管理者?。

pin 交通事故に対する見せしめ懲罰は続く    (10.18)
 交通事故を起こすと処分を食らった上にさらに懲罰として自転車配達をさせられる。とことんさらし者にさせられる。実は立て続けにこういう報告をメールで頂いた。全国で行われいてる郵政職場での市中引き回しの刑の実態、その一つをまた紹介したい。

pin10.16、反貧困世直し大集会2010へ  (10.14)
 10月16日(土)、東京の明治公園で上記集会が開催されます。今年は郵政ユニオンをはじめ、郵産労、郵政非正規労働センターも共にブース出展。分科会もユニオン・郵産労共同で開催。郵政非正規問題を訴えます。また各ブースでは非正規センターゆいの缶バッチや水餃子、お汁粉なども販売予定。近くの方はお誘い合わせの上是非ご参集ください。リンク先は反貧困ネットの集会紹介ページです。

pin均等待遇を 10月10日、第7回ゆうメイト全国交流会へ   (10.04)
 今年で7回目を迎える全国交流会。正社員「登用」審査試験の全国的な状況やスキル評価にまつわる問題等、山積する職場の問題を検証します。郵政非正規労働者の全国的な繋がりを。リンク先はNPO法人郵政非正規労働センターのホームページ。

pin 【伊豆高原郵便局パワハラ暴力傷害事件】
会社との和解協議が始まります    (10.02)
山田さんを支援する会「こんなこと許せないぞ」通信の最新号が届きました。非を認めた会社との和解協議がいよいよ始まります。

pin 職場を覆う重い空気    (10.02)
 正社員登用、すでに面接の状況もネット上に報告があふれているが、結局は落とすためのものなのかといった感想が多い。本当に職場は重い空気が覆っている。郵政ユニオン呉支部からの報告です。

pin 年賀売れ!エスカレートするばかりの営業ノルマ    (10.02)
 今年はまた例年にもましてうるさい。支店の成績は部内最低だからと、どこの支店でもそういっているが、そんなに最低がいっぱいあるのか?怒鳴る脅すは当たり前で、パワハラで訴えようにもだいたいパワハラ相談係が先頭切って怒鳴りまくっているのだ。本当に救いようのない職場だよね(^_^;)。


これまでのHead Line
トップページへ

『伝送便』編集委員会

〒101-0021
東京都千代田区外神田6-15-14
外神田ストーク502号室 郵政共同センター
TEL:03-3837-5391 Fax:03-3837-5392
(Web Master 多田野 Dave mailto:tadanodave@densobin.office.ne.jp

トップへ Copyright (c) 2010 Tadano Dave. All Rights Reserved.