トップへ
Headline12
 伝送便今月号 | Back No. | Headlines | Links | Archives | Catalog |
               電送便(BBS) | About us | Daveorogy

Headline (1月~3月)  Headline (4月~6月)  Headline (7月~9月)  Headline (10月~12月)

pinなめんなよ 橋下退治は夜行バスに乗って    (03.30)
 3月16日、中小争議団による大坂総行動と共に、大阪市橋下市長に対する抗議行動が取り組まれた。郵政ユニオン関東地本の65才裁判当該である丹羽さんは急きょ深夜バスに乗り込み行動に参加。「大阪のファシストは」「橋下だぁ~!」と、みんなで気勢を上げてきたとの報告です。他に「有期労働契約改正法案」についての集会の報告も。

pin セクハラ・パワハラ事件、広島地裁に提訴    (03.27)
 日本郵便広島県福山支店。この支店の陰湿なパワハラ事件については去年の8月にも一度報告している。“セクハラ・パワハラ・退職強要―無法地帯の福山支店”その後会社は郵政ユニオンの交渉申し入れに応じず、当該と協議の上提訴へと踏み切った。パワハラ・セクハラの相談は引きも切らない。この変わらぬ会社の体質は、裁判できちんと糺されるだろう。

pin 郵政民営化法改正案に反対を!    (03.27)
 大山鳴動ネズミ一匹(^^;)。公明党案にちょっと玉虫色の表現を付け加えて郵政民営化「見直し」法案が今国会で成立しそうです。いろいろ言いたいことがあるのだけどと思っていたら、郵政民営化を監視する市民ネットワークがきちんと意見表明してくれました。リンク先は同Webサイト。

pin 3月19日、12春闘、郵産労・郵政ユニオン統一ストライキに決起    (03.27)
 今頃(^^;)。リンク先は郵政ユニオン、ストライキ速報ページ。写真がいっぱい。なお、郵産労神戸中央支部は21日神戸市中央区のJR元町駅前で25時間のハンガーストライキに突入。こちらの詳細は神戸新聞の方が詳しいですね(^^ゞ。

pin 非正規の中の壁を壊して    (03.12)
 昔、このサイトを起ち上げた頃、ゆうメイトの敵は圧倒的に隣の正社員でした(^^;)。ところが最近はゆうメイトさん同士のトラブルに関する相談が多くなりました。職場が分断されている、会社の思うつぼ、などと上から目線で答えてもなんの役にも立たない。私も紹介するこの記事を書いてくれた方も悩んでいます。

pin3.11郡山 3・11から一年―日本郵政は何を検証したか    (03.12)
 全国で、世界で、脱原発集会が開催された昨日、しかしそんな中でも郵便屋さんは放射能被曝に晒されながら毎日走り回っている。危険区域でもホットスポットと言われるところでも、特に防護服を着ることもなく日常業務に従事している。せめて積算被曝線量を測れる簡単な器具を常備できないものか。自治体の要請により赤バイクに放射線測定器を搭載した所もあるというが、本来なら郵政グループ会社が率先して対策をリードすべき事だろう。それがまた地域社会への貢献にもなるはずだ。

pin福島原発3号基爆発 「3.11」一周年、全国で様々な取り組み    (03.10)
 もう1年。すでにマスコミも特集を組み始めていますが、この一年で明らかになったことは大手マスコミ報道の信頼性の欠如。もっともその構造は昔から変わらず、この重大事に改めてその本質が現れたという事なのですが。真実を伝えるにには私たち自身のネットワークを作っていく以外にありません。11日当日、レーバーネットTVでは各地を結んでの特集報道がなされます。福島から世界へ、社会の根本構造を私たち自身が変革していくための運動を。リンク先はレイバーネットTV。

pin 労基法も知らないで雇い止め通告    (03.06)
 期間満了だからと雇い止めにすることはできない。30日前予告はもちろんのこと、雇い止め理由証明書を求められたら「遅滞なくこれを交付しなければならない」(労基法22条)、というのは常識の範疇。だが、日本郵便高松支店の課長は「そんなもん知らん」と応えたそうな。はい、開いた口がふさがらない、といったことも郵政の職場では常識の範疇ではあるのだが。

pin3月5日郵政本社前に200名 正社員登用という名のふるい落とし    (03.05)
 一次審査合格率、グループ全体で1割にも満たないというなんともバカにした数字が発表された。格差を是正するという意思など、この会社にはみじんもないということを世間に公表したということだ。

pin 期間雇用社員の正社員登用、一次審査結果    (03.05)

 
出願者数
一次審査
合格者数
合格率
月給制
出願者数
二次審査
受験者数
日本郵政
27人
5人
18.5%
4人
9人
郵便事業
16,478人
1,500人
9.1%
2,241人
3,741人
郵 便 局
1,019人
154人
15.1%
1,262人
1,416人
ゆうちょ銀行
342人
28人
8.2%
113人
141人
かんぽ生命保険
186人
33人
17.7%
75人
108人
5 社 計
18,052人
1,720人
9.5%
3,695人
5,415人

pin 日本郵便による狙い撃ち報復措置    (03.01)
  国会で恥をかかされた。その落とし前はきっちりと付けさせてもらう。日本郵便鍋倉社長も結局官僚主義の濃厚なDNAをそのまま引き継いだだけの経営者でしかないと。千葉船橋支店。地域の利用者の迷惑よりも官僚のメンツを優先しての意趣返しが始まった。

郵政非正規社員雇止めホットライン

pin 呉支店営業はパワーハラスメントだ!    (02.21)
 毎度、呉支店からです。ここの支店長は「我が辞書には営業という言葉しかない」というような方のようです。官僚主義組織というのはこの手の単純な構造を持った現場管理者というのを大量生産してしまいます(>_<)。

pin 郵政非正規「スキル裁判」経過報告と支援のお願い    (02.21)
 些細なミスや遅刻や交通事故。確かに責められれば自分にも落ち度がある。しかしだからといって月数万もの賃金カットを伴うペナルティを科すことは社会常識にかなっているのか。そもそも正社員に置き換えて、減給6ヶ月という処分に等しいものなのか。わずか1回の数分の遅刻が。

pin 65歳解雇裁判、第1回公判開催さる    (02.17)
 定期昇給も、ボーナスも、退職金も、年金もなく、雇用さえ細切れの保障でしかない期間雇用社員に「定年制」を適用するというのは社会通念上妥当なのか。この裁判は郵政に限らず非正規雇用のこれ以上の拡がりを食い止めるためにも広く社会的な闘いにしていかなければなりません。

pin 長時間労働と賃金未払い!労基法違反    (02.17)
 長期療養明けの多田野 Dave m(._.)m。復帰第1弾はやはり船橋の記事から(^^;)。期間雇用社員に対する大量の賃金未払いが発覚したとのことです。

pin 年賀の元旦不結束も    (01.17)
 1月13日、日本郵便は「時間外勤務等に関する実態調査等要綱」という文書を発出した。その主旨として「第179回国会における質問主意書に基づき」明らかになった不正な超勤処理について、全国の支店で再度調査を行えというもの。その質問主意書でも指摘されていた埼玉越谷支店と千葉船橋支店の年賀繁忙の詳細報告が届いたので紹介したい。郵政ユニオン関東地本機関紙からの抜粋です。

pin 年賀繁忙点描―営業と経費削減一辺倒に追われた日々    (01.10)
 元旦、日本郵便は「平成24年年賀郵便物元旦配達物数」をそのHPに上げた。約19億2500万枚、対前年比7.6%減。年賀発行枚数は36億6577万枚(前年比4.0%減)。販売枚数は約32億4800万枚(11年12月28日付)で、前年同期より約3%減。職場の年賀繁忙も今日あたりが最後の山。今年もまた徒労感のみが積み上がった繁忙期だった。

pin 郵政に働く非正規労働者の正社員登用と均等待遇を求める要請署名    (01.04)
 郵政非正規の正社員化と均等待遇を求める全国署名運動、今年も始まった。取り組みは郵産労、郵政ユニオン、郵倉労、JP労組有志などで組織する「郵政労働運動の発展をめざす全国共同会議」。郵政非正規労働センターも共に取り組み、ここではHP上からのネット署名も受け付けている。リンク先はユニオンのHP。今春、また本社前で大冊の全国署名を叩きつけよう。

pinoccupy all street

夜な夜な生テレビ

 


 9月からず~っと経産省前にテントが張り続けられています。反原発を訴える拠点として様々な市民団体や労働団体がこれを支え続けています。そして12月30日から1月3日までの4日間、ここから「反原発・年越しOccupy@経産省前テント」と称してぶっ通しのイベントが行われようとしています。その模様はすべてネット生中継されるとのこと。
 リンク先はレイバーネットのプレスリリースのページ。
 首都圏の仲間は仕事が終わってから応援に行ってみる?(^^;)。


これまでのHead Line
トップページへ

『伝送便』編集委員会

〒101-0021
東京都千代田区外神田6-15-14
外神田ストーク502号室 郵政共同センター
TEL:03-3837-5391 Fax:03-3837-5392
(Web Master 多田野 Dave mailto:tadanodave@densobin.office.ne.jp

トップへ Copyright (c) 2011 Tadano Dave. All Rights Reserved.