トップへ
Headline13
 伝送便今月号 | Back No. | Headlines | Links | Archives | Catalog |
               電送便(BBS) | About us | Daveorogy

Headline (1月~3月)  Headline (4月~6月)  Headline (7月~9月)  Headline (10月~12月)

pin4月7日、首都圏ゆうメイト交流会へ 4月7日、首都圏ゆうメイト交流会へ    (03.27)
 改正労働契約法、その20条には「不合理な労働条件の禁止」条項というものがあります。詳細はこちら。なんだって?郵政の職場は不合理なことばかりじゃん!そのとおり(^^;)。いったいどれだけ不合理なことがあるか、この際みんなで数えてみようじゃないか、といった企画を立てました。主催は郵政非正規労働センター(ゆい)首都圏事務局。リンク先はその呼びかけチラシ(PDF)。手書きのど迫力のチラシです(^^;)。会場狭いから正社員さんは遠慮してね(^^;)。

pin ゆうちょ職場の原状―貯金事務センターのユウウツな日々    (03.26)
 貯金事務センターからの報告です。人手不足による業務混乱。事故が起これば自己責任の上つるし上げ。まったく郵政の職場はどこも判で押したように・・・。JPネット大阪通信からの転載です。

pin 旧集配センターは相変わらず目の回るような・・・    (03.26)
 旧集配センターに働く方からのメールによる投稿の紹介です。事業会社と局会社が統合され集配センターの位置づけがどうなるのか注目されましたが、現場は依然困難を抱えたまま迷走しています。現在もっとも矛盾の集中している職場と言えるでしょう。

pin3月9日台湾反核集会 3月9日、台湾でも最大規模の反核集会    (03.26)
 大変紹介が遅れてしまいましたが、3月9日、全国で脱原発集会が開催されていた日、この日は世界でも同時にフクシマに連帯する行動が行われていました。そのなかで台湾での行動に参加された方から報告を頂きました。反核行動としては台湾最大規模のデモ参加者だったということです。

pin

 3.19 On Strike
 郵政産業ユニオンは、本日3月19日、13春闘要求の実現をめざして全国26職場でストライキに突入。郵政本社前でも多くの支援の仲間が駆けつけ格差社会の解消を訴えた。報告はスト突入宣言他。上の写真をクリックしてね。

pin JP労組、2013春闘交渉妥結    (03.15)
 春闘オワタ?いえいえ、郵政産業ユニオンは引き続き交渉中。要求が受け入れられない場合はこの19日に全国での拠点ストライキを準備しています。とりあえずJP労組が妥結した内容を紹介。

pin 速やかに無期雇用に―改正労働契約法が4月施行    (03.13)
 民主党政権時代に成立した改正労働契約法。これには有期雇用社員が希望すれば5年後の正社員化が義務づけられたが、さらに20条には不合理な労働条件の禁止という条項が定められている。正社員との均等待遇が求められているのだ。なお、法の施行は4月1日。

新人事・給与制度をぶっつぶせ    (03.07)
 年収300~350万円の新一般職、それでも有期雇用社員からの正社員枠が拡がればいいではないか。しかし実際はその有期雇用労働者の雇用枠自体も減らされるのだ。そして正社員と有期雇用の比率は変わらない。しかも会社は「無期労働契約社員の割合が高まれば、総労働力の調整が離しくなる側面は否定できない」(郵政産業ユニオンの要求回答から)と、有期雇用労働者を今後も重要な労働力調整弁として利用し続けると表明している。

pin 郵政本社前集会
   

pin 職場でパワハラ・イジメと闘う学習・講習会開催    (02.28)
 職場からパワハラ・イジメをなくしていくために現場できちんとした取り組みを行っていくこと。そのために学習・講習会を現場の組合で主催したとの報告が入りました。郵政産業ユニオン長崎からの報告です。

pin 東京王子郵便局、かんぽ生命不適正営業発覚か    (02.25)
 かんぽ生命会社の社員から情報提供があった。東京王子局に労基署が入っているという。不適正営業の疑いとのこと。この局、実はいろいろ噂が絶えなかったところ。早朝、勤務時間前、局舎を締め切った上で職員に日の丸ハチマキを締めさせ、大声で気勢を上げさせていたとか・・・。

pin 豊中スキル裁判和解成立!    (02.25)
 不当なスキル評価に対して裁判で闘ってきた郵政期間雇用社員。「城東スキル裁判」に引き続き豊中事案でも勝利和解しました。実質的な全面勝利です。この勝利をきちんと職場に根ざす取り組みが重要です。

pin日本郵便非正規ユニオン委員長 日本郵便非正規労働者の権利を守る会、結成総会    (02.25)
 1月24日、上記のような総会が尼崎で開催されました。近畿の日本郵便非正規ユニオン委員長に対する不当な人事評価に対して裁判で闘っています。ご紹介が遅れましたがこの度その機関紙の掲載許諾がでましたので、全文PDFでご紹介します。

pin 新人事・給与制度学習会2月20日、新人事・給与制度学習会報告    (02.21)
 主に首都圏のみなさんに呼びかけた、こぢんまりとした学習会の企画でしたが、遠くは静岡からも駆けつけてくれて会場は満杯に。熱気あふれる会となりました。ようやく全体像が把握できたとの会場からの感想も頂きました。JP労組中央委員会報告も。
 *2月25日一部修正、D評価のパーセンテージ追加、及び当日学習会用レジュメをPDFでアップしリンクしました。

pin 年度末特別手当0.5ヶ月支給?関係ないんだけど・・・    (02.21)
 職場では正社員がばつの悪そうな顔をしていますよ、との報告が入りました。郵便課の方からなのですが、職場では8割が期間雇用社員。正社員は隅っこで小さくなってるよ、と(>_<)。

pin 新人事・給与制度学習会
 伝送便カレッジ、2月20日に緊急学習会を企画しました。首都圏での開催になりますが、ご都合がよろしければ是非ご参集下さい。リンク先は、ごめんなさい、チラシのPDFですm(._.)m。

pin 新人事・給与制度―JP労組資料に対する意見表明    (02.14)
 旧郵便局会社に勤めるJP労組組合員から届けられました。本当はもっと早くご紹介すべきでしたm(._.)m。今JP労組中央委員会議案書に対する意見表明となっています。新人事・給与制度について、郵便局の現場から具体的にその問題点を指摘なさっています。

新人事・給与制度をぶっつぶせ2 ポイント制度、その不都合な真実    (02.05)
 短期集中連載二回目。今回は業績手当の中のポイント制について。誤配したらマイナスポイントだよと分かり易い(^^;)。ただ、毎日毎日ポイント管理しなければならない総務主任も大変だろうな。そうか、だから課長代理に昇進するのか(^^;)。

pin 交通事故撲滅宣言―精神主義注入では事故は減らない    (02.05)
 減るどころかますます増えている交通事故。「交通事故撲滅宣言」などとどこも似たようなことが行われていると思うが、事故を起こせば「宣言」したではないかとかえって個人に重責を課そうとする組織の責任回避。この会社の腐敗した官僚主義は止まることを知らない。

pin 長崎―萩原君雇止め裁判勝利報告会    (02.03)
 4年半の裁判闘争を経て職場に復帰することができた岡山の期間雇用社員萩原君。久しぶりの年賀繁忙も乗り越え、今支援お礼の挨拶にと各地を回っています。その中から先日行われた長崎での報告集会の模様をご紹介します。

pin伝送便カレッジ 第一回伝送便カレッジ開催    (02.01)
 「労働」―はたらくってなに?というテーマで開催した伝送便カレッジ。ちょっとテーマが固くない?とびびりながらも(^^;)、モダンな東大教授の話は思ったより面白いものでした(^^;)。ただ、今回はまだまだほんの序の口で、次回から本格的な講義に入りそうです。次回日程はまだ未定ですが、是非みなさんの参集を。たまには頭の中も汗を流しましょう(^^;)。

pin また不正な年賀営業発覚か―腐敗する現場管理者達    (02.01)
 昨年大晦日に掲載した管理者による業者とつるんだ不正な年賀営業実態。その後伝送便には同様な事例があるとの告発がいくつか寄せられた。ただ、すべて匿名によるもの。しかし今回はきちんとした組合の機関紙からの紹介です。やっぱり現場の腐敗臭は管理者から漂ってくるものなのでしょう(^^ゞ。

pin 「人殺し」と連呼する副局長    (02.01)
 交通事故はいっこうに減らない。職場では毎日のように事故防止標語の連呼が行われ、事故を起こした者はまるでつるし上げのような糾弾を受ける。精神主義的な活入れなどで事故が減るわけもない。そんななか、また痛ましい事故が発生した。

pin 千葉松戸南郵便局―蔓延するタダ働き    (02.01)
 とにかくどこも人手不足でサービス残業が常態化している。郵政産業ユニオン千葉の仲間はこれ以上放置できないとして社前調査を敢行。その資料を元に労基署に告発し会社に実態を突きつけた。今後他局での調査も引き続き予定しているという。

pin支える会第2回総会 郵政非正規社員の「定年制」無効裁判報告    (01.31)
 1月23日、期間雇用社員の65歳「定年制」無効を訴える第6回公判が行われた。その日は支える会第2回総会も開催され、郵政以外からの支援者も駆けつけこの裁判の意義についての議論が活発に行われた。報告は原告の一人である丹羽良子さんから。

pin 組織統合、第2ステップへ―名ばかり課長、名ばかり課長代理    (01.31)
 郵便課とか集配課いうのはなくなってそれぞれ部になるんだって。それに伴って課長が部長になるんだって。課長代理や旧郵便局会社の担当課長が課長に、総務主任が課長代理に。なんかみんな偉くなったような気がするけれど(^^;)、そんなに管理者増やして、要するに格差をいっぱい付けましょうということだね(>_<)。

pin 広島セクハラ・パワハラ裁判報告    (01.31)
 Web伝送便上でも何回も紹介しました、広島旧日本郵便福山支店におけるセクハラ・パワハラ事件。すでにこれまでに5回の公判が開かれ、来月2月4日にも次回公判が決まっています。支援する会会報から裁判の現状を紹介します。

新人事・給与制度をぶっつぶせ    (01.18)
 新人事・給与制度について急に問い合わせが多くなりました。JP労組はずいぶん前に分厚い討議資料を出しているのだけど、組合事務室の前に山積みになってるのかな(^^;)。とりあえず伝送便本体で始めた短期集中連載記事を掲載します。次回はポイント制について、の予定。なお首都圏では2月20日に伝送便主催の「新人事・給与制度」についての学習会を予定しています。よろしければこちらの方にもご参集のほどm(._.)m。

pin 日本郵便近畿支社での「連動撤回」は裁判闘争の成果    (01.12)
 先の城東スキル裁判の勝利的「和解」について、職場・現場に具体的に及ぼすその意義についてのまとまったご報告です。「支える会」会報から転載です。なお、残り二つの事案は引き続き係争中です。

pin 年賀減少歯止めが掛からず、頼みは自爆?    (01.07)
 今年の年賀繁忙を総括すれば、あいもかわらず自爆営業に苦しめられ、といったところでしょうか。「年賀状は金券ショップで」、来年はそんなCMまで出たりして(ナイない(^^;)。たこ足営業からの脱却こそが再生への道、であるはずだけど・・・。年始一発目の記事、やっぱり広島は呉の報告からです(^^;)。

あきましておめでとう

Usay-net構想を承認

伝送便カレッジ
 伝送便読者のための具体的な顔の見える交流会を。いやいや、ただの交流会じゃつまんないからついでに勉強会でも開こうよ(^^;)、てな軽いノリで企画した伝送便主催の集まりです。

pin 【内部告発】 組織ぐるみの違法年賀営業か?    (12.31)
 なにも大晦日にこんな怪文書を掲載することもないだろうに(^^;)。でも実は以前から各マスコミには出回っていたものらしく、私たちにもその一部から裏付けを取るべく依頼されていたもの。これが事実だとするなら何億という金が動いていたことになるのだが・・・。


これまでのHead Line
トップページへ

『伝送便』編集委員会

〒101-0021
東京都千代田区外神田6-15-14
外神田ストーク502号室 郵政共同センター
TEL:03-3837-5391 Fax:03-3837-5392
(Web Master 多田野 Dave mailto:tadanodave@densobin.office.ne.jp

トップへ Copyright (c) 2013 Tadano Dave. All Rights Reserved.