トップへ

 伝送便今月号 | Back No. | Headlines | Links | Archives | Catalog |
               電送便(BBS) | About us | Daveorogy

Headline (1月~3月)  Headline (4月~6月)  Headline (7月~9月)  Headline (10月~12月)

 郵政ユニオン春闘ストライキ、本社前行動    (03.16)

  

 豪トール社買収―そんなとこに金を使うより    (03.04)
 6200億だって。まずその金額にみんな驚いたと思う。それを非正規労働者20万人で割ると、みたいな(^^;)。株式上場に向けた粉飾ではないのかみたいな論調の記事もネット上では見られるけれど、なによりもこの春闘の時期にそんな高い買い物をしなくとも、とか思ってしまうのは私だけ?(^^;)。伝送便3月号より転載です。

 研修所でのコンプラ違反―渉外社員へのパワハラ    (02.19)
 パワハラ報告が続く。保険渉外社員さんに対するパワハラ。渉外社員さんへのパワハラはこれまでにもいくつか報告してきたが依然収まる気配がない。しかも今回は研修所での悪質なパワハラの報告。研修所でこれなのだから現場はもっとひどい状況であろうことは想像に難くない。新採者採用の季節だが、もし郵便局の渉外社員の採用を目指している学生さんがいたら、この記事を参考にしてもらいたい。札付きのブラック企業であることを認識しておいてもらいたい。

 パワハラ・自腹営業・サービス残業の職場実態アンケート    (02.13)
 春闘の時期になり各職場でもいろいろなアンケートが取り組まれているかと思いますが、四国の仲間から立派なアンケート集約表が寄せられました。サンプル数はそれほど多くはありませんが郵政ユニオンとJP労組有志共同の取り組みによるものです。去年に比べてもパワハラ事案が増えていることがここでも証明されています。

 障がい者差別―その解雇はあまりにも理不尽    (02.11)
 また差別事件だ。郵便局の障がい者に対する差別事件をいったいこれまでいくつ報告してきただろう。この会社の体質は根元まで腐りきっている。自浄作用などみじんもないのだ。障がい者を差別した福岡県筑紫郵便局を糾弾する。伝送便2月号より転載。当該者の了解を得、匿名の上でご紹介します。

 各地でたたかっている労契法20条裁判    (02.11)
 2月9日、西日本20条裁判第3回弁論が開催され、近畿の仲間が独自に作成した伝送便のチラシを配布してくれました。題して「ざんねんながら御社には「均等待遇」が見つかりませんでした!」。そのままご紹介します。

 福島第一原発廃炉作業員報告―現場は孤独で殺伐としている    (02.02)
 1月31日の現役廃炉作業員報告会の、報告です。当日は急遽会場を2階から3階へと変更したり、その場所も和室でしかもそれでも周りに座布団を敷いて座ってもらったりと、本当に窮屈な思いをして頂きながら、それでも熱心に会に参加して頂いた皆さんに心からお礼申し上げますm(._.)m。参集50名以上。会場からはいくつもの具体的な質問やら意見が相次ぎました。詳細は今後伝送便本体に連載で紹介させて頂きたいと思っています。その後できましたらまたそれをWebでも紹介を。なお、レイバーネットさんのサイトでもご紹介頂きましたm(._.)m。

 1.31「福島第一原発は今」―現役廃炉作業員に聞く    (01.30)
 会議室変更 2F→3F和室へm(._.)m。申し訳ありません、明日の報告集会、急遽会議室をちょっと広いところに変更します。皆さんからの問い合わせが多く念のためにちょっと広めの会場を用意しました。ただ、和室になってしまいますが<(_ _)>。会場の秋葉原和泉橋区民館は変わりません。分かりやすいように当日会場前に張り紙をしておきますm(._.)m

 全国のゆうメイトたち、「X0.3」撤廃を要求しよう    (01.23)
 X0.3てなによ。去年の年末ボーナス、時給制社員はその月額に0.3をかけた額に1.3をかけた額が支払われているのですよ。だから1万円以下という人がほとんど。春闘に向けてこの×0.3を撤廃するよう闘おうという、JP労組の仲間からのアピールです。

 SKYTの経文本日も賑やかなり    (01.23)
 「再雇用された暁には専門役になって各局にSKYTの指導に廻りたい」という報告です(^^;)。どこも同じだろうと思うのだけど、「専門役」ってホントになんのなのさ。伝送便1月号に掲載されたものです。

 2015年年賀の総括―惨敗    (01.16)
 「かつて年賀と言えば業務繁忙を指していたが、今や年賀と言えば営業の代名詞になっている」。株式上場に向けた、これがその会社の現状だ、とはユニオン呉支部機関紙からの転載です。

 この年末始繁忙も大変だった    (01.16)
 長崎からの年繁状況を紹介します。小包配達のための軽四輪がお歳暮繁忙の直前にリース切れという事態もあったということ。ったくやることなすこと(^^;)。特に今年の小包はどこも大変でしたね。

 年賀繁忙、終わりました、ヘロヘロです    (01.16)
 今年の年賀は・・・と相も変わらずどこもかしこもへとへと。超勤抑制、人員不足に現場は極限状態。元旦出発式なんてやってる状態じゃなかった、とは東京の某局からの報告です。

 郵政ユニオン訪韓団報告―非正規労働問題が重要課題    (01.15)
 毎年開催される韓国労働者大会に合わせて開催される郵便屋さんの訪韓団。伝送便本体今月号(1月号)ではJP労組の仲間からの訪韓報告を紹介していますが、こちらはまた別ルートでの郵政ユニオンの訪韓団の報告を紹介します。偶然だったそうですが現地ではJP労組有志訪韓団の仲間との簡単な交流も実現したとのこと。


 

 香港、2014年9月26日、「いつも抗議集会をやっている庁舎内の公民広場で“選挙制度に反対する集会”をやろうとしたら一方的に閉鎖されてしまった。それで仕方なく街頭で行動を起こしたのがオキュパイの発端だった」。(12月20日レイバーフェスタでの香港ゲスト、マルコさん報告)。そして9月28日未明「オキュパイが宣言され、28日夕方には集まった市民らに87発の催涙弾が撃ち込まれます」。(同)それから80日間、香港の学生・市民によるオキュパイ「雨傘運動」が続く。
 12月9日金鐘(アドミラルティ)オキュパイ最後の日、女子高生達が記念写真を撮っていた。その姿は事後弾圧を恐れてか後ろ向きのもの。それでも「私たちは確かにここにいた」という証しを残したかったに違いない。
 私たちの未来は私たち自身が決定する、そのメッセージは世界に発せられ私たちも確かに受け取った。困難はまだ続く。しかしそのメッセージは決して途絶えることはない。この先も世界を駆け巡るだろう。私たちこそがしっかりと受け止めていかなければならないだろう。  (多田野 Dave)

 1.31「福島第一原発は今」―現役廃炉作業員に聞く    (01.01)
 1月31日、伝送便主催で福島第一原発現役廃炉作業員からの報告集会を東京で開きます。廃炉作業員とは元郵便屋さん。原子炉建屋直下での作業に携わっておられます。とりあえずお知らせビラ2種類にリンク。クリックするとPDFで開きます。 〈1月7日追記〉 1.31集会に向けて福島現地を訪れた仲間からの報告を掲載しました。上記タイトルからリンク。

 期間雇用社員、時給の逆転を糺す    (01.07)
 短期雇用の時給制契約社員さんと長期の契約社員さんの時給の逆転現象が、あちこちで起こっている?実ははこれ、去年5月の「雇用促進暫定手当」の新設にまつわる現象。要するに現場管理者の理解不足と怠慢が原因。チェックチェック。

 過労死の危機が迫る年末繁忙    (01.07)
 「とんでもない年末繁忙!と各局からその実態が報告がありました」と、こちらも紹介が遅れてしまいましたが千葉は浦安の仲間からの報告。ユニオン浦安支部のブログからの転載です。また、関東支社管内では31局で105人もの職員がインフルエンザで欠務との情報も。過労で免疫力が低下したのだろうな(>_<)。

 広島福山郵便局で続くパワハラの数々    (01.07)
 パワハラ・セクハラ裁判でブラック郵便局と悪名高い福山郵便局、まだまだ続くパワハラ事案の報告。しかしそれは福山局に限らないのだろうが。紹介が遅れてしまいました。お馴染みユニオン呉支部機関紙からの転載。パワハラ・セクハラ裁判の続報も。

 


これまでのHead Line
トップページへ

『伝送便』編集委員会

〒101-0021
東京都千代田区外神田6-15-14
外神田ストーク502号室 郵政共同センター
TEL:03-3837-5391 Fax:03-3837-5392
(Web Master 多田野 Dave mailto:tadanodave@densobin.office.ne.jp

トップへ Copyright (c) 2013 Tadano Dave. All Rights Reserved.