トップへ

 伝送便今月号 | Back No. | Headlines | Links | Archives | Catalog |
               電送便(BBS) | About us | Daveorogy

Headline (1月~3月)  Headline (4月~6月)  Headline (7月~9月)  Headline (10月~12月)

 郵政の闇と闘う―日本郵政社長、西室泰三とはいかなる人物か    (12.18)
 最近の報道によると日本郵政社長西室泰三氏は東芝の相談役を辞任する意向だという。実は以前から西室氏こそが今東芝の「粉飾決算」事件の最大の黒幕ではないのかと言われ続けてきた。東芝に上意下達体質を根付かせた張本人ではなかったのかと。であるならば日本郵政の体質ともまったく親和性のある社長であるとも言えるのだが。郵政ユニオン長崎の機関紙から紹介です。

 西日本20条裁判第6回弁論 いよいよ来春には証人調べ    (12.18)
 11月25日、西日本労契法20条裁判第6回弁論が開かれました。まだまだ論点整理の段階ですが来春からは証人調べも始まる予定、いよいよ本格的な公判論争が始まります。先行するメトロコマースの20条裁判も11月14日に第13回口頭弁論が開かれ、こちらも来春から証人調べが始まる予定。資本の側は必死で裁判の引き延ばしを画策していますが、非正規労働者の均等待遇に向けた闘いはひるむことなくこれからが本番です。

 マイナンバー配達、なにが起こっていたのか    (12.11)
 まぁだ終わってないよ、というところもあるかと思うけど、報道によると初回配達はほぼ99%完了しているとのこと。とりあえずこの間のあれやこれやを点描してみました。エピソードはこれ以外にもまだまだごまんとあるのだけど、書き切れない(^^ゞ。とりあえず明らかになったことは、会社の現場オペレーション能力ゼロ、その無能さが現場の混乱に拍車をかけたということ。

 郵政65歳裁判控訴審12月16日11時東京高裁へ    (12.11)
 郵政期間雇用社員65歳以上一斉解雇事案、その控訴審が12月16日東京高裁で開催されます。それに先立ち争議団は5万8000字に上る控訴理由書を東京高裁に提出、万全の準備を整えています。リンク先は「支える会」発行の機関紙(PDF117KB)、控訴理由書の要旨紹介です。

 命を奪った会社の責任を追及 〈さいたま新都心局過労自死裁判支援集会報告〉   (12.11)
 紹介が遅れてしまいましたが、11月2日に武蔵浦和コミュニティセンターで開催されました「さいたま新都心郵便局過労自死裁判支援決起集会」の報告です。来年からはいよいよ証人調べが始まります。当時のさいたま新都心局管理者も出廷予定。伝送便12月号より転載です。

 郵政20条裁判支える会結成1ヵ年集会開催    (12.03)
 11月29日(日)、豊島区立生活産業プラザで郵政労働契約法20条裁判を支える会結成1ヵ年の集会が開催されました。20条裁判は郵政だけではなく徐々に他の職場でも拡がりつつあります。正規も非正規もない、働く者の賃金・待遇は皆平等・公平であるべきです。報告は簡単に写真を中心にm(._.)m。

 マイナンバー配達から見える日本郵便の矛盾    (11.11)
 そりゃ書留の誤配などあってはならないことだけど、・・・珍しいことではない(^^;)。5,600万通も配達してて1通も誤配しませんよなんて誰が言えますか。いちいち大げさに大本営発表すんじゃねぇ、てみんな怒ってるよねぇ現場は。ただでさえ人手不足、しかも年間を通じて一番郵便物数が増えるこの時期。マイナンバー配達のついでに年賀状売ってこいなんてアホな管理者の下でどんな丁寧な仕事ができますかって。お馴染みユニオン呉支部の機関紙から紹介。

 再雇用拒否は不当―銀座局裁判高裁勝利    (11.06)
 2013年4月1日から高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の改正により希望があれば会社は原則再雇用を拒否できない。ところが日本郵便は法施行日直前に狙い打ち的に再雇用を拒否。こういうことをする会社なのだ、一部上場上を果たした日本郵政グループとは。11月5日、地裁判決に引き続き高裁でも勝利判決。郵政ユニオン及び弁護団との共同声明を紹介します。

 郵政株式上場とは (PDF335KB)    (10.05)
 11月4日、いよいよ郵政民営化の仕上げとして郵政株式の上場が予定されています。今回上場されるのは日本郵便を除く持ち株会社の日本郵政とゆうちょ銀行、かんぽ生命三社の株です。すでにビジネス誌の中には特集を組むところも出てきていますが、実際の所株式上場ってどうよ、という問題提起。これは伝送便編集委の土田氏が「HOWS講座」というところで講演を行った際のレジュメ全文です。長文ですがPDFにして紹介。いろんな議論のたたき台として。

 歴史を変えた安保デモ   (10.02)
 熱い夏だった・・・、て、実は私は身体を壊して丸一月以上も寝込んでいたのだけどm(._.)m。ネット上では私も参戦していました(^^ゞ。久しぶりの更新記事はやはり安保。伝送便今月号からの転載。18日の横浜地方公聴会のことを覚えてらっしゃいますか?あのとき最後に会場を凍らせた鶴の一声(^^;)、鴻池委員長のマジ切れ(^^;)。伝送便の仲間はいろんな所で活躍しています(^^;)。さぁ、東京では今夜も大規模な集会とデモ、アベを倒せのコールが響き渡ります。アベの政治は私たちの職場にも直結しています。反社会的な政治と反社会的な会社を糾弾する闘いは一繋がりのものです、てね(^^;)。

 

 

 

 


これまでのHead Line
トップページへ

『伝送便』編集委員会

〒101-0021
東京都千代田区外神田6-15-14
外神田ストーク502号室 郵政共同センター
TEL:03-3837-5391 Fax:03-3837-5392
(Web Master 多田野 Dave mailto:tadanodave@densobin.office.ne.jp

トップへ Copyright (c) 2013 Tadano Dave. All Rights Reserved.